申し込んだ MacOS X 10.6 Snow Leopardが到着!

Apple Now Giving Away Snow Leopard To MobileMe Customers For Free
http://www.macgasm.net/2012/04/18/apple-now-giving-away-snow-leopard-to-mobileme-customers-for-free/
この件で申し込んだMacOS X 10.6 Snow Leopardが到着しました。
FedExのおかげ?で3日で受け取りました。対応はやっ!
IMG_1101.JPG
これで、Mac miniもSnow Leopardに移行できます。。。
※実際のところ、iCloudへ移行したかどうかという確認なしで
Mobile Me有料アカウントのユーザーであればSnow Leopardを発送
しているようです。

iTunes Storeの利用条件とAppleのプライバシーポリシーが更新されている

今日、App StoreでiPhoneのアプリ更新をしようとしたところ、
「iTunes Storeの利用条件とAppleのプライバシーポリシー」を確認する
ウインドウが表示された。
●課金の順番は、
1)コンテンツコード
2)iTunes Card, iTunes Storeギフトカード、アローアンス
3)クレジットカード決済
の順で決済される。
●1-Click購入の際には、クリック購入の度に決済の事前承認をとる。だから、
1回の購入で複数アイテムを購入すると、クレジット決済の場合、合計金額の
請求でなく、アイテム毎の請求になることがある。
●購入およびレンタルの取消はできない。
●商品価格はいつでも変更することがあり、値下げもしくは販売促進価格の場合でも
価格保護または返金はされない。
●日本のiTunesギフトは、日本国内およびその領域内にいる人のためにのみ購入
可能で、かつ、日本国内およびその領域内にいる人のみによって使用可能。
ギフトの受取人は、ギフトを使用するために、互換性のあるハードウェアおよび
ペアレンタル・コントロール環境を有することが必要。
●iTunesアカウントの不正な利用に起因する損害について、一切の責任を負わない。
などなど、読んでおかないといけない話がいっぱいありそうです。

MacOSX 10.7 LionでHP C6175 を使ってみる

HPのWebサイトをみると、MacOSX 10.7 LionにはHP社のプリンタドライバが
標準で入っているとのこと。Mac miniでは自動認識したのだが、MacBook Airでは
うまく認識してくれない。とりあえず、以下の手順で追加してみた。
1)Apple社のWebサイトから、ドライバをダウンロードしてインストール
HP プリンタドライバ 2.8 (Mac OS X v10.6, OS X Lion)
2)「システム環境設定」から「プリントとスキャン」を選ぶ。
3)「+」ボタンを押す
4)「IP」タブを選び、プリンタのIPアドレスを入力する
5)「ドライバ」が「一般的なPostScriptプリンタ」になった場合は、手動で
  ドライバを選択する。HP C6175の場合は「HP Photosmart C6100 series」を
  選ぶ
これでHP C6175のプリンタが使えるようになる。

謎の電話番号19163997992

打ち合わせをしている時はPHSの呼び出し音量を0にしているので
まったく気がつかなかったのだが、事務所に戻ってPHSを見てみると、
謎の番号から着信があった。
19163997992
誰?
ちょっと考えて、何となくわかった。
19163997992

1-916-399-7992

1-(916)399-7992
カリフォルニアからの国際電話でした。
ということは、、、
あ、あの会社からだ。
その会社とは、、、、
A p p l e
おそらくそうだろうと思ってメールを確認したら、Apple社からメールが届いていた。
そのメールの中に書いてあった。「電話したけど繋がらなかったので、、、」
ちょっと問い合わせ事項があってメールを送っていたのだが、どうやら日本語でメールを
送ると文字化けしてダメらしい(その割にはApple社から届いた日本語メールは大丈夫
なんだけど、、、)。最初の問い合わせと同様、日本語文+英語文の併記でメールの返信
をしておいた。たぶん、用件は伝わったと思う。
ちょっと前に香港から電話があった時は、さすがに間違い電話だろうということで完全無視。
今回の場合も怪しいと思ったのだが、カリフォルニアからという電話番号のヒントで、電話を
かけてきた相手が予想できた。Apple社なら、私のPHS番号知っているから。
今後電話されることがあるかどうか分からないけど、ありそうなので住所録に登録しておこう。

MacOSX 、駐車禁止マークで起動せず

100708-151436.jpg
MacOSX で、画面上に駐車禁止のマークが表示され、起動しなくなる現象が出た。
念のため確認しようと思い、シングルユーザーモードで起動。上のような画面が表示された。
カーネルのロード中にエラーが出た模様。とりあえずMac付属のMacOSXインストールDVDから起動し、ディスクユーティリティを起動。MacOSXパーティションの検査をした。しかし、異常なし。ついでにディスクのアクセス権のチェックと修復を行い、再起動した。すると、何事もなかったかのようにMacOSXのデスクトップが表示された。単なるアクセス権の問題だったのだろうか、、、不思議だ。

_VUC69~7というファイルを見えなくする

Linuxのファイルサーバーで、samba+netatalkを使ってファイル共有していると、「_VUC69~7」というファイルがWindows上で見られる。しかも、ほとんどのフォルダ内で。
原因:MacOS側で「:2eDS_Store」というリソースを作っているのだが、Windows側で表示できないかららしい
対策:/etc/samba/smb.conf の中に、「veto files = /:2eDS_Store/」の一行を入れて保存。sambaを再起動する。これで、Windows上からはファイルが見えなくなる。

iMac G5 ふたたび電源落ち

2006年、「iMac G5 のビデオと電源に関するリペアエクステンションプログラム」対象機種で電源落ちと画面のノイズが発生していた、会社のiMacG5。部品交換後は快調に動いていたのだが、最近また電源が落ち始めた。分解して電源ユニットを取り外し、中を見たら、、、
 電解コンデンサが割れている(--;
今回は有償修理しかない。でも、原因が特定できているんだから、メーカー修理に出さなくてもいいのにね、ってことで、電源だけ売っていないか調べてみた。あった。
今回は「ぱそこん倶楽部」さんにお世話になりました。入金後、即日発送してもらえたので、翌日には到着。電源ユニットを交換したら問題なく動き始めました。よかった、よかった (^^)

消えていくというより、見えなくしていくということかな

コンピュータは消えていく–デザイナーの川崎和男氏、MS ReMIX Tokyoで講演
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396784,00.htm

インターフェースがキーボードとマウスという今の形がなくなれば、あえてPCやMacである必要もなくなる。また、すでにアプリケーションがWeb化しつつあるから、WindowsやMacOS、LinuxといったOSの壁も徐々になくなっている。コンピュータとの対話方式が変われば、目の前にコンピュータが存在している必要はなくなる。だから、消えていく。というより、見えるところになくてもよくなる、ということなんでしょうね。