相変わらず、nuvox.netから迷惑メールが送られようとしている

最近、毎日のようにnuvox.netドメインから迷惑メールが送られようとしています。
nuvox.netドメインからのメールは拒否する設定にしているため、
Out: 220 ns.******.*** ESMTP Postfix
In: HELO 209.248.173.12.nw.nuvox.net
Out: 250 ns.******.***
In: MAIL FROM:
Out: 250 2.1.0 Ok
In: RCPT TO: <****@******.***>
Out: 451 4.3.5 Server configuration error
In: QUIT
Out: 221 2.0.0 Bye
となり、メールそのものを受信しません。
ドメイン名で拒否できるので、楽ですね。

Dropboxを使ってみる

仕事の関係で事務所の外にいることが多く、色々な情報を外出先で参照
したいことが多くなりました。自宅のサーバーに外出先からアクセスすれば
参照はできるのですが、簡単な修正を入れたりするのはちょっとだけ手間
になります。
そこで、Dropboxを使うことにしました。
DropboxクライアントをWindows,MacOSX,iPhoneにインストールして、
事務所内にいるときはサーバーのファイルにアクセス。外出時はDropbox
のクライアント経由でDropboxの共有フォルダを参照するようにしました。
かなり快適ですね。
今は無料で使っているため、Dropboxの容量は2GBまでになっています。
当面は、これだけで十分。
参照したいファイルが増えてきたら、有料でDropboxの容量をあげようと
思います。そうすれば、サーバーダウン時にDropboxのバックアップが使える。
災害などで自宅のサーバーが使えなくなっても、インターネット接続できる環境
があればなんとかなる。災害対策にいいかもしれません。

twitterの非公開アカウントに関し、2つの不具合

現在、twitterの非公開アカウントに関し、以下2つの不具合が確認されているようです。
・フォロワーリクセスとの許可や拒否ができない
・フォロワーリクエストが無いのにタイムライン上にフォロワーリクエストがあるかのようなボタンが表示される
現在修正中のようなので、しばらく待ちましょう。
https://support.twitter.com/articles/20169408

Gmailの携帯電話認証を回避する方法

最近になって、Gmailのアカウント取得時に携帯電話認証が必要になった。
メールアカウント取得のためとはいえ、携帯電話の番号を登録するのはねぇ。
そこで、そのしくみを見ていて考えた。
「携帯電話認証って、回避できるのでは?」
で、実際にやってみたら、、、、携帯電話を登録しなくてもアカウントが取れました (^o^)v
取得の方法は詳しく書けませんが、ヒントだけ。
※海外の某サービスを使います

ドメイン名管理をNetwork Solutionsからお名前.comへ移転

ここのドメイン senseofwonder.org は、2000年当時で一番安かった(と思われる)Network Solutionsで取得した。今年(2011年)、サーバーのスペックアップのためにサーバーの借り換え(サーバーは2000年からずっと さくらインターネット 専用サーバーを借りている)をした。ドメインのDNS設定を変更するために、Network Solutionsの管理画面からDNSサーバー名を変更、更新した。しかし、翌日になっても翌々日になっても更新されず、再度コントロールパネルで変更、更新。翌日になっても変更される気配がない。このまま変更できないと今後の運用に困るし、料金的なアドバンテージも特にないので、最近新規でドメイン名を取得した お名前.com に移転することにした。



●移転前の確認
移転するドメイン名(今回の場合はsenseofwonder.org)のPrimary Contactで登録されているメールアドレスが間違いないかどうかを確認する。このメールアドレスが無効だと移転ができない。
1)Network SolutionsにPrimary Contactのアカウントでログインし、コントロールパネルから
・Transfer LockのOff
・AuthCodeの取得
を行う。現時点では上の2つが同時にできる。AuthCodeはPrimary Contactのメールアドレス宛てに送られてくる。
2)AuthCodeを受け取ったら、お名前.comのコントロールパネルから「ドメイン設定」->「レジストラトランスファー」を選ぶ。ドメイン名検索画面に移転したいドメイン名を入力。AuthCodeの入力画面でAuthCodeを入力し移転の申し込みを完了させる。
※この時点で、ドメイン1年分の管理費用が請求されます。移転完了時にドメインの利用期間が1年延長されるので、実質手数料はかからないようなものです。
3)お名前.comからPrimary Contactのメールアドレス宛てに
【重要】トランスファー承認手続きのお願い <<ドメイン名>>
という件名のメールが送られてくるので、メールの中に書かれているリンクをクリックするか、WebブラウザにURLをコピーしてトランスファー確認ページを表示する。承認する場合は「承認する」ボタンを押す。
4)Network Solutionsから3)と同様にトランスファーの確認メールが届くので、Webブラウザで確認ページを開いて「Confirm」する。
5)2~3営業日でNetwork Solutionsから「 Registrar Transfer Request Complete」のメールがPrimary Contactのメールアドレス宛てに届き、その後お名前.comからトランスファー完了通知がお名前.comに登録したメールアドレス宛てに届く。お名前.comのコントロールパネルを開いて、管理ドメイン名の一覧に追加されていることが確認できたらトランスファー完了。
ドメイン移転後にお名前.comのコントロールパネルからDNS情報関連を変更してみましたが、かなり早く情報の更新ができました。トランスファーかけて正解でした。

ドメインqqa.jp入のメールを全拒否

してみました。
どうみても配信許可をしていない「糞」情報商材系のメールが届くようになり、それらが全てqqa.jpの短縮URLを使っている。短縮URL使ってアフィリエイトコードが見えないようにしているみたいだけど、その行為自体がねぇ、、、内容もつまらないし、どっかのテンプレートを使ったようなお決まりの文書。自分の言葉で語ってないから、全然伝わるものがない。受信する価値のないメールなので、拒否。

夜になると不通になる光回線

夜になると突然光回線のONU(回線終端装置)のSTATUSランプとFIBERランプが赤の点滅に変わり、通信ができなくなった。そして、朝8時過ぎるとランプが緑に変わり正常に通信できるようになった。そんな現象が2日ばかり続いたので、NTTの故障受付に問い合わせした。
翌日NTTの人が調査に来て、修理をしてもらった。原因は、電柱のほうにあるクロージャー側の不良だったらしい。ひかりのケーブルをつなぐ部分が劣化し、気温が下がることで光を通す割合が減少し繋がらなくなるとのことだった。同じような現象を抱えている人は、一度NTTの故障受付で問い合わせしてみるといいかも。

消えていくというより、見えなくしていくということかな

コンピュータは消えていく–デザイナーの川崎和男氏、MS ReMIX Tokyoで講演
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396784,00.htm

インターフェースがキーボードとマウスという今の形がなくなれば、あえてPCやMacである必要もなくなる。また、すでにアプリケーションがWeb化しつつあるから、WindowsやMacOS、LinuxといったOSの壁も徐々になくなっている。コンピュータとの対話方式が変われば、目の前にコンピュータが存在している必要はなくなる。だから、消えていく。というより、見えるところになくてもよくなる、ということなんでしょうね。

.Mac HomePageサービス終了

2009年7月7日で、.Mac HomePageサービスが終了となる模様。
サービス終了後は、HomePageの編集・削除が不可。
既に公開済みのページは、公開のみ継続可能。