apacheに「OPTIONS * http/1.0」 での接続

(internal dummy connection)がリクエストしている
「OPTIONS * http/1.0」
apacheで使えるメソッドが表示されるコマンド。
apacheの子プロセスを終了させるため、一番単純で出力する情報量の少ない
「OPTIONS * http/1.0」
をリクエストすることで、短時間でプロセスの処理を終了させるようにしている、らしい。

apacheのログ内に(internal dummy connection)が

apacheのログの中に
(internal dummy connection)
という、自分のIPアドレスでの接続が表示されます。
これは、 pipe-of-death という仕組みで、apacheの子プロセスを
終了させる過程で生まれているようです。
・MaxRequestsPerChild 制限や MaxSpareServers 制限を超えた
    ↓
・不要な子プロセスを終了させたい
    ↓
・ ap_mpm_pod_signal を使って終了指示
    ↓
・子プロセスが通信中だったら、通信が終了次第プロセス終了
 acceptで時間切れまで待っているような場合は、ダミーの接続を起こすことでaccept状態から抜ける。
 これが(internal dummy connection)。
 ダミーなので、接続後、すぐに終了。このタイミングで子プロセスが終了する。
こうやって、増えすぎた子プロセスを終了させているんですね。