ThinkPad X24にIntel Pro/Wireless 2200BGを内蔵する(2)

ここまでは非常に順調に来ていたのだが、落とし穴はあった。
AP接続用のユーティリティをインストール。プログレスバーが左から右に伸びて、もうすぐ終わるかな、、、と思ったら左に戻っていった。ロールバック処理が始まった。そして、最後にステータス画面が表示された。
「デバイスが接続されていません」
の悲しいメッセージが(;;) デバイスマネージャのプロパティには正常に稼動中のメッセージが出ているのに、何度やっても駄目。仕方ないので、OSのインストールからやり直すことにした。OSをインストールしてそろそろ1年になるので、ちょうどいい機会だということで。
X24の場合、OSはD2Dのためハードディスク内に入っている。念のため、D2Dの領域はNorton Ghostでバックアップしておいた。今回はハードディスクを交換したので、D2D領域を戻すところから始めた。
D2Dの領域を戻すのに、デスクトップPCを使用。新しいハードディスクにD2D領域を復元する。ただ、復元しただけの状態ではD2D領域がアクティブパーティションにならないため、パーティションコマンダーのようなソフトでアクティブにしておくか、あるいはD2D領域を有効にするための起動ディスクをLenovoのWebサイトからダウンロードして起動ディスクを作成しておく必要がある。それが終われば、ハードディスクをX24に戻してから電源を入れD2D領域から起動する。あとは復元->セットアップの順で進んでいく。約1時間でインストールは完了した。新しいOSの中にインテルR PRO/Wireless 2200BGのドライバはなかったので、USBメモリに入れておいたドライバとユーティリティをインストールした。今回は何の問題もなく、ドライバもユーティリティもインストール完了。
こうして、X24にインテルR PRO/Wireless 2200BGを換装することができた。体感速度も上がって、Webの閲覧がかなり快適になった。OS再インストールなどの手間はあったが、それを割り引いても交換するだけの価値はあったと思う。

ThinkPad X24にIntel Pro/Wireless 2200BGを内蔵する

家庭内の無線を11bから11gへ移行し、回線もADSLから光に変更。ThinkPadX24に内蔵されている無線LANのminiPCIカードは11bのみ対応のため、使えなくはないものの光のスピードを享受できません。そこで、X24で使えるminiPCIカードを探していたところ、Intel Pro/Wireless 2200BGが使えそうなことが判明。インテルR PRO/Wireless 2200BGを、こちらで購入。2680円+送料80円。
X24のminiPCIカードは、キーボードの左上あたりにある。キーボードを外し、今ついている11bのカードを新しい2200BGに交換。アンテナをMAINとAUX2つつけてからキーボードを取り付け、ハード的には完了。
ドライバやユーティリティは、IntelのWebサイトからダウンロード。あらかじめ、2200BGのドライバなどをダウンロードしておくと、あとの作業が楽になる(2200BGのドライバダウンロードを有線LANでしてもいいです)。
デバイスマネージャで確認したところ、当然ではあるが2200BGのネットワークカードには?マークがついている。デバイスをダブルクリックしてプロパティを開き、「ドライバ」からドライバの更新を行う。先ほどダウンロードしたドライバを指定して更新。更新後はハードウェアのアイコンが?からネットワークカードのアイコンに変わり、正常に認識された。

NECの無線LAN機器「Aterm」で不具合、まれに煙が発生

NECの無線LAN機器「Aterm」で不具合、まれに煙が発生
NECとNECアクセステクニカは2007年7月17日、無線LAN機器「Aterm」の一部製品で、経年劣化が進行して動作が停止する不具合があると公表した。まれに煙が発生することもあるという。対象となる製品は無償で交換する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ITPro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070717/277626/)
専用サイトで調べたところ、自宅の機器が対象であることが判明。日曜の夜に申し込みをしたら、本日交換機器が到着した。対応は比較的早い模様。明日にでも交換テストをして、問題なければ旧機種を初期化後、同封の返信用袋に入れて送り返す予定。該当する機器を持っている場合は、確認しておいたほうがよいと思う。煙だけならともかく、爆発したらシャレにならないから。

「トロイの木馬」をインストールさせようとするメール

がまた来ました。今回のメールは、「You’ve received a greeting ecard from a School mate!」という件名。内容は
————————————————————
Hi. School mate has sent you a greeting ecard.
See your card as often as you wish during the next 15 days.
SEEING YOUR CARD
If your email software creates links to Web pages, click on your card’s direct www address below while you are connected to the Internet:
http://220.77.92.223/?<<37文字の英数文字>>
Or copy and paste it into your browser’s “Location” box (where Internet addresses go).
We hope you enjoy your awesome card.
Wishing you the best,
Mail Delivery System,
postcards.org
———————————————————-
上記リンクをクリックすると、「ecard.exe」をダウンロードできる。このファイルの中に「トロイの木馬」が仕込まれており、ダブルクリックすることで感染する。ウイルス対策ソフトがインストールされていれば、ダウンロード時に警告されるので問題はないと思うが、身に覚えのないメールや特定のプログラムをダウンロードさせようとするメールには気をつけましょう。

Googleが暴く、ワンクリック詐欺ページの情報

DIGITAL ARENAの中におもしろい記事を見つけた。
正義のGoogleボット君、ワンクリック詐欺をあばく
Googleのキャッシュからワンクリック詐欺のページを見られるというもの。記事の中では「googlebot.com 口座」で検索しているが、このキーワードだとワンクリック詐欺ページと他の紹介記事が混ざってしまう。
そこで、キーワードを「googlebot.com 口座 【あなたの」と3つのキーワードを並べてみよう。あっという間に詐欺ページの一覧ができあがる。しかも、同じような文書が並んでいることがよくわかる。きっと、テンプレート化されているものをそのまま使っているんでしょう。
上記キーワードでの検索結果が約1,020件。まだまだ詐欺サイトってあるんですねぇ。

“Googleが暴く、ワンクリック詐欺ページの情報” の続きを読む

パッチの適用を要求する悪質なメールに注意!!

こんなメールが届きました。
———————————————————–
Dear Customer,
Our robot has detected an abnormal activity from your IP adress
on sending e-mails. Probably it is connected with the last epidemic
of a worm which does not have official patches at the moment.
We recommend you to install this patch to remove worm files
and stop email sending, otherwise your account will be blocked.
Support Team
———————————————————–
パッチを適用しないと、あんたのアカウントがブロックされるよ、というメール。そしてパッチのリンクをクリックすると、トロイの木馬が入ったpatch.exeというファイルがダウンロードされます。
Support Teamとしか書いていないこのメール、いったい誰が信用するんだろう? と思ったら、海外では意外とひっかかった人が多いようです。ウイルス対策ソフトが検出してくれるので、ウイルス対策ソフトが入っていればダウンロードの時点でわかります。
・ウイルス対策ソフトはインストールしておく。定義ファイルの更新もこまめにしておく(自動更新を有効にしておく)
・出先のわからないメールの内容を信用しない。もし、メールに大手企業の名前が書いてあっても、メールのリンクをクリックしてダウンロードをしない。
ということを徹底しておけば、この手の幼稚なものに引っかかる可能性はなくせるでしょう。