検索精度の向上が課題では

SEO対策をする上でも、お客さんから要求されるのは「Yahooで上位表示したい」ということ。その次が「Googleで」。これまでに数百社のお客さんと話をした中で「MSNで上位表示」と言われたことは「ありません」。検索エンジンサービスプロバイダとしてのMSNの認識と検索結果の精度の問題かもしれません。ブラウザのホームページ設定をMSNにしていても、検索をするときはブックマークからYahooを選ぶという会社も、上の数百社の中で数十社ありました。検索精度でGoogleを超えるか、他社にない何かを提供しない限り、検索エンジンでのシェアを回復することは難しいでしょう。
個人的には、Windowsデスクトップサーチの精度もGoogleデスクトップサーチに劣ってる気がします。こちらも精度を上げて欲しいものです。
マイクロソフトの最高財務責任者、検索市場シェアの低下に「不満」を表明

マイクロソフト、「XP Home」と「XP Media Center」のサポート延長

延長サポートは歓迎、というか、XP Home/MCE とProのサポート期間を変更する意味がどこまであるか不思議だった。おそらくVistaへの移行は2~3年かかると思うし、その間にメインストリームのサポートが切れても、ユーザーは不都合がない限り使い続けると思う(未だWindows3.1で販売管理をしているところもある)。Windows98の時のように反発を食らわないように、今の時点で延長を決めたMicrosoft社に拍手。
マイクロソフト、「XP Home」と「XP Media Center」のサポート延長

MacOSXでRAMディスクを作る

1) Terminalを開く
2) hdidコマンドを実行する。
hdid -nomount ram://409600
「ram://」の後にはRAMディスクにする容量を指定する。1指定するごとに512バイト確保できるので、
409600*512=209715200バイト = 204800キロバイト = 200メガバイト
を確保することになる。確保が終わると、
/dev/disk5
のようにデバイス名が表示されるので、これをメモしておく(ここの名前は使っている環境によって変わる可能性があるので、必ず自分のMacで表示されたデバイス名を使うこと)。
3) newfs_hfsでフォーマットする
newfs_hfs -v <<ボリューム名>> [-J] <<デバイス名>>
ボリューム名は好きな名前で。HFS+のジャーナルを有効にする場合は-Jオプションを有効にする。
newfs_hfs -v test /dev/disk5
のように指定すると、
Initialized /dev/rdisk5 as a 200MB HFS Plus volume
のように初期化が完了したメッセージが表示される。
4) マウントする場所を作成する
マウントするディレクトリをあらかじめ作っておく。今回は
mkdir $HOME/mnt
とし、自分のホームディレクトリにmntというディレクトリを作成。
5) mountコマンドでマウントする
mount -t hfs /dev/disk5 $HOME/mnt
でマウント完了。試しにdfコマンドを実行すると、
/dev/disk5 409600 6432 403169 2% <<マウントしたディレクトリ名>>
で表示される。上記数字は、試しにファイルをRAMディスクにコピーしたため2%使用となっている。
RAMディスクを削除するときは
umount <<マウントしたディレクトリ名>>
で完了。再起動時には設定が消えてしまうので、再度上記設定をする必要がある。

5万円台で買えるノートブックPC

ノートPCで5万円台。ほぼ6万円ですが、当面Vistaに移行する予定のない人には十分ではないでしょうか。コンボドライブに変更してメモリを512MBにすれば、Vistaのインストールはできるでしょう(Vistaインストーラが512MB以下のPCでインストールを拒否するため)。明日24日までの特価だそうです。
HP Compaq nx6310/CT Notebook PC <HP Directplus価格>¥59,850(税込)
>> 製品詳細はこちら

上位バージョンへの移行需要はどれぐらいある?

Windows VistaのAnytime Upgradeは、確かに便利なように見える。でも、一般家庭でアップグレードに迫られることって、それほど多くないと思うのだが。それに、ライセンスはどういう扱いになるのかな?
OEM版のHome Basicなら、付属のハードウェアに対してしかライセンスが与えられていないから他のPCにライセンス移動できない。Anytime Upgradeでアップグレードした場合のライセンスがOEMに準拠するのであれば、あまりアップグレードする意味がないように思える。Ultimateへアップグレードしたら、それ以降は他のPCへライセンス移行が可能になるというのであれば需要はかなりありそうなのだが、、、やはりOEM版と同様の扱いになるのでしょう。
家庭内のPCをすべてVistaにする意味は、はっきりいって「ない」と思います。Webブラウジングとメール送受信ぐらいしかしない旧型のPCに、コストをかけてまでアップグレードする意味は今のところないです。そもそも、Vista用のドライバがないので、アップグレードは無理なのです。将来的にPCが壊れたら、必然的にVistaを使うことにはなると思いますが(笑)、それまでは現状維持になりそうです。

ホームサーバというよりNASじゃないのか?

原文を読んでみても深く突っ込んだ話にはなっていなかったが、ここに書かれている内容を実現するだけであればNASで十分な気がします。と思ったら、MicrosoftはWindows Home Serverという新しいラインを開発し、それをサードパーティーが組み込んでホームサーバとして売るという形のようですね。
家庭内にサーバを普及させるには、
・簡単に操作できること
・簡単に復旧できること
・簡単に設置できること
が必要になってくると思います。電源を入れたらすぐ使えるようなホームサーバって、実は制限が多くて使えないというようなオチがありそうな気がします。今の時点ではどんな仕様で発売されるのかよくわかりませんが、続報を待ちたいところです。
MSゲイツ氏が語る、ホームサーバのある未来

Appleからコンピュータがなくなる日

「iPhone」「Apple TV」などの発表は以前から噂されていたとおりであったが、一番のサプライズはApple Computer Inc.らComputerの文字が消え、Apple Inc.になることでしょう。
Apple USのサイトに出ていた文字
The first 30 years ware just the beginning. Welcome to 2007.
の意味がこれでようやくわかりました。
Macworld開幕–S・ジョブズがついに「iPhone」「Apple TV」を披露

パッチで何らかの不具合が出たのかな? ~MS、予告していたセキュリティ情報4件を撤回–1月の月例パッチ~

理由があるとしたら、パッチを適用したことによって何らかの問題が発生するということでしょう。理由はともあれ、英断を下したマイクロソフトに拍手というところでしょうか。
MS、予告していたセキュリティ情報4件を撤回–1月の月例パッチ

Notesメールの送信者名を漢字表記にする

ロケーションのインターネットメールアドレスに
“漢字名”<メールアドレス>
の形式で書けば、相手のメーラーの送信者のところに漢字名で表示される。
こんな簡単なことでOKなのね。 気がつかなかった、、、