東芝とフラッシュメモリ発明者の元社員、8700万円で和解成立

東芝とフラッシュメモリ発明者の元社員、8700万円で和解成立
>舛岡氏は、東芝がフラッシュメモリの特許権から得た利益は200億円を
>超えると算出し、20%は貢献しているとして「40億円が正当な対価」と
>していた。
算出基準の「20%」って、どこから出てきたんでしょうね。それから、和解金額の8700万円というのも。おそらく、今後も様々な業界で同様の訴訟が出てきそうな気がします。発明の種類も製品特許からビジネスモデル特許までいろんな方面で。何らかの算出基準を明確にしておかないと、金一封だけで済ませてしまうだけでは後々大変なことになりそうな気がします。企業にとって、訴訟に対応する時間や費用を考えれば、あらかじめ相当額の支払いをする決まりを作ってしまったほうが安いと思います。
#その「相当額」を決めるのが大変だと思いますが

マイクロソフトのiPod対抗ブランドが明らかに–その名は「Zune」

マイクロソフトのiPod対抗ブランドが明らかに–その名は「Zune」
Zuneですか。何とも女性受けしなさそうな、、、、(笑) 実際にモックアップなどが出ているわけではないので詳細はわかりませんが、Origamiのようにパッとしない存在になってしまう気がします。とりあえずは詳細情報待ちというところです。

次世代iPod、3Dゲーム機能を搭載か?

次世代iPod、3Dゲーム機能を搭載か?
本当に3Dゲームを搭載するのか? ゲームを搭載するとなると、今までのiPodのインターフェースに余分?なボタンがいくつかつくことになる。デザイン的にシンプルでなくなり、どうなのかなぁ、、、ってとこでしょう。実は3D表示が必要なのは、3Dアバターを搭載するとか、3D秘書を搭載してスケジューラー的なものをつけるとか、、、何らかの形で.macに連携できるような機能が搭載されそうな気がします。もしゲームだったら、iPod用にプログラム書いてもいいかな(笑)

マイクロソフト、旧式PCの寿命をのばすソフトウェアを発表

マイクロソフト、旧式PCの寿命をのばすソフトウェアを発表
簡単に言えば、旧式のPCをシンクライアントとして動かす環境を作るもの。推奨環境がPentiumII、128MBメモリのPCということで、2000年発売ぐらいのPCであれば推奨環境になると思われる。ただ、このソリューションがどれぐらいのニーズがあるかといえば疑問。ソフトウェア的に寿命を延ばしても、時期的にはハードウェアのリプレース時期にさしかかっているものが多いのではないか。それを考えると、Windows9x系のサポートが終了した今、買い替えをしてしまったほうがTCOで安く済むのではないかなぁ、とも思います。
#SAでの提供ということを考えても、結構限定されるでしょうねぇ。

マイクロソフト、「Windows 98」「Windows Me」の延長サポートを終了

マイクロソフト、「Windows 98」「Windows Me」の延長サポートを終了
個人的には「2004年でサポート終了してくれればよかったのに」と思っています。マイクロソフト社が2年間よく延長していたなぁ、、、
これからのことを考えれば、新しいOSに移行するかPC自体を買い換えるかのどちらかになりそうですね。Windows98がプレインストールされていた頃のPCにWindowsXPを搭載するのは、スペック的に厳しい。となると、Windowsベースで使いたければPC買い替えが一番妥当な線かも。デスクトップ機なら、今はこんな値段で購入できるから、今後のことを考えると一考するに価すると思う。

セキュリティ専門家が毎日バグを指摘する「ブラウザバグ月間」プロジェクト

セキュリティ専門家が毎日バグを指摘する「ブラウザバグ月間」プロジェクト
月間で毎日バグを見つける、というよりは、見つけた未修正のバグ報告になるんでしょうね。じゃないと、毎日それだけ見つかるとは思えない。
さて、ここで報告されたとして、修正はいつまでに終わるんでしょう? 修正されなければあまり意味をなさないんですけどねぇ、、、夏休みの宿題ですか?(笑)